じゅんじのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「乳がん」宣告から、2年が経過!

<<   作成日時 : 2016/03/06 09:33   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

画像





早いものですね。

3月10日で、丸2年になります。

自分の体のことではないので、詳しく説明できないんですが、「がん宣告」以前と、ほとんど状態に変化はなく、普段どおりの生活を送っております。



明らかなのは、「ガンの診断」がインチキである、と言える思います。

今の医療制度が、ガンではない人を「ガン」と診断しているのは間違いないでしょう。

ガンと診断されている人のうち、どのくらいの割合でそういう人が含まれているのかは分かりませんが、乳がんに関しては、その比率はとても高いと思います。

なぜかと言うと、「あまり影響がない」から。

手術により、部分切除してしまえば、「ガンもどき」であれば再発しませんからね〜

「ガンもどき」の人を治療した方が、5年生存率の成績は上がります!

切ってしまった後では、「ガンもどき」だったのかどうか、分かりませんから!

証拠隠滅、完全犯罪が成立です!

とんでもない、インチキ・詐欺の世界ですね〜




病院には、近づかないようにしましょう!!







画像



















「乳がん」の診断をもらってから、約3ヶ月が経過しました!
http://junchan2461.at.webry.info/201406/article_7.html

「乳がん」の診断をもらってから、4ヶ月が経過!
http://junchan2461.at.webry.info/201407/article_14.html

「乳がん」宣告から、約半年が経過しました!
http://junchan2461.at.webry.info/201409/article_8.html

「乳がん」宣告から、1年が経過してました!
http://junchan2461.at.webry.info/201503/article_20.html

「乳がん」宣告から、1年半が経過しました。
http://junchan2461.at.webry.info/201509/article_10.html

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
ラパン
2016/03/06 15:35
すみません、ご送信してしまいました(汗)

いつも拝見しております。アットホームな雰囲気でじゅんじさんのお人柄がよく分かります(^-^)

奥様、お元気なご様子、何よりです。医療に疑問を持つ人が増えると良いですね。解毒とアルカリ化で大丈夫だと思います。
ラパン
2016/03/06 15:44
おめでとうございます。

まさに、メンデルソン博士の話を実践していますね。

>1969年にひとりの医学博士が

一九六九年アメリカ癌協会で演説し、次のように報告している。

>「実のところ処置を何もしない[癌]患者の平均余命の方が、(ロックフェラーの承認する化学療法、外科及び放射線治療の)処置を受けた者より長かった」と。

http://blog.goo.ne.jp/akyoon/e/f28f7434b3e78e6fae6c37cdbdf78cb7?fm=entry_awp

メンデルソン語録です。
http://electronic-journal.seesaa.net/article/425134454.html

ちなみに、私が確認できた事例では、癌になり、一部切除と医者が話していたけど、実は全摘出されたという事例がたくさんあります。

医者、いや〜思ったより癌が広がっていたから、全部摘出しましたよ【嗤】

患者、先生そんな・・・・。

がん研有明病院・聖路加病院は患者を金としか考えていない。
百軒
2016/03/06 16:17
ラパンさん、はじめまして!

いつもご覧いただいていたんですね!
ありがとうございます!!
今後とも、ご指導の程、よろしくお願いいたします!!
じゅんじ
2016/03/06 17:49
百軒さん、どうもです!

>メンデルソン語録です。

『医者が患者をだますとき』
この本は読んだんですが、忘れてしまうので、ここは使えますね!
初めて知りました。
ありがとうございます!
じゅんじ
2016/03/06 17:55

こんばんは(^-^*)/

改めて、とある記事をそのまま載せておきます。

米国立癌研究所 大多数の癌治療で死んでいった患者が癌を持っていなかった可能性を指摘

米国立ガン研究所の調べによると、大多数のガン治療(猛毒マスタードガス入り抗癌剤、放射能治療、内臓摘出手術など)で死んでいった患者の大多数は、始めっからガンなど持っていなかった事を発表した。

大げさな診断と誤診が、健康な人々をガン治療に送り出した主な原因であるという。

ほとんどの腫瘍は良性のものであり、悪性のものはほとんどなかったという結論だった。それを医師が悪性と断定し、健康な人々は、猛毒マスタードガス入り抗癌剤、放射能治療、内臓摘出手術などのガン治療を施されてしまったという。

米国立ガン研究所の調べによると、ガン治療こそが主なガンを引き起こす原因だと言う。ショッキングな米国立ガン研究所の発表だが、真実は、健康な人々をガンだとそそのかし、猛毒マスタードガス入り抗癌剤や放射能治療、内臓摘出手術を行うことにより、健康な人々が本当のガンに罹って死んでいった事だ。

医学界では、実際には良性の腫瘍と悪性の腫瘍は判断できないわけだが、良性か悪性か判らなくても悪性腫瘍と診断し、色々なガン治療を行うのが通常の診断としている。

その裏には、もちろん人口削減政策のニュー・ワールド・オーダーと製薬業界と医療業界の金儲けがある。

病院の門をくぐったら、二度と生きては帰れない事を覚悟すべきだ!


じゅんじさん、正にこれですね(*´ー`*)
たち
2016/03/06 20:38
たちさん、どうもです!

すごい記事ですね!!
まさに、「そのまんま」ですね〜!!
ありがとうございます。
じゅんじ
2016/03/06 21:03
癌なんですか?
セカンドオピニオンした方がいいですよ。
近藤誠も川島なお美の件で男を下げてますからね、信用できませんよ。
Z
2016/03/07 06:55
セカンドオピニオンというのは、全く考えていないんですよね。
病院に行かない、という発想なので。
医者が「現代医学教」の信者である以上、2人、3人と、医者の数を増やしても同じでしょう。
基本的に医者は病気を治せない。治すのは自分の体の免疫力や恒常性維持機能だと思うので、患者は他人に頼らず、自分でもっと勉強するべきだと思いますね。
ま〜、うちの場合は、「がん」ではなく「もどき」だと思いますから、治療の必要もない、と思っています。
じゅんじ
2016/03/07 07:37
http://lite-ra.com/2015/12/post-1780.html

まあ〜人それぞれですからね。でも、近藤誠はインチキだったんですね。
近藤誠も抗癌剤を全面否定してる訳じゃないし、代替療法を推奨しているわけではありませんからね。

もし、ヤバくなったら病院に行ったほうがいいですよ。
Z
2016/03/07 20:26
Zさん

>まあ〜人それぞれですからね

全く、その通りだと思いますね。
人間というのは、百人百様、人によって病状は様々だと思います。
それを、厚生労働省が、治療の「ガイドライン」を定めているところが大きな誤りであり、医者は、その「ガイドライン」に沿って治療をしているのも、(少し言いすぎかもしれませんが)キチガイ沙汰だと思いますね。
ガイドラインやマニュアルに沿う、というのは、「何も考えない」とよく似てますからね。
年齢、性別、身長、体重などの「個人差」は考慮しているのかが大きな疑問であり、また、医療事故が発生しても、医者は「ガイドライン」に沿って治療しましたと、いい訳ができますからね〜

ま〜、うちの場合は、今のところ、全然「ヤバくない」状況だと思っていますが、もしも「がん」の様な症状が出てきたとしたら、その時に考えようと思っています。
じゅんじ
2016/03/07 21:12
初めて書き込みをします。

わたしの考えでは、マンモによる誤診を除いてがんは放置しないほうが良いかと思います。

たしかにほったらかしで治る人もいますが15%くらいではないでしょうか。


実際 放置療法を選択した結果、がん細胞が皮膚を突き破り大量の膿と悪臭そして痛みを抱えながら生きている方もいます。

その写真になります(脅かしみたいで申し訳ありません)
閲覧注意
http://nyugan.info/tt/qa/images/qa6_22_01.jpg

医学界にある陰謀(子宮頸がんワクチン問題やベンジャミンの言うライフ博士癌治療隠蔽)はあるとわたしは思っていますが、凍結療法に関しては抗がん剤を使うこともあります。

基本的に治療と考えています。

抗がん剤は使わないと決めた場合でも、以下に述べる代替療法などの治療について勉強しておいたほうが安全です。

陶板浴は1回3千円で安いですね。

最低2種類の治療法を組み合わせたほうが良いです。

バレバレさんのブログから引用します。


陶板浴・水素・プラズマ・電子治療器・アーシング・食事療法・温熱・光線・テラヘルツ波などを駆使すれば、改善していく可能性が高いのです。
メディカルカッピングで、原始的に乳酸を取り除く方法もあります。


http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/d467235c4248529eb15324824ff21c80


癌の原因として低体温や歯周病等が挙げられます。

ストレッチや歯を綺麗にすることも大切です。
sinobi
2016/03/17 18:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイブログリンク

「乳がん」宣告から、2年が経過!  じゅんじのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる